匠の味・匠の技

山梨のワイン

日本国内における近代ワイン生産発祥の地である「山梨」。
1,000年以上の歴史をもつ「甲州種」の葡萄を初めとして日本で代表的な生産地の勝沼より、2人の青年がワインの「本場」であるフランスに渡り、醸造技術を習得してからおよそ140年以上。
醸造家のたゆまぬ努力と技術の研鑽により、世界的にも高い評価を受けている「山梨産」のワインを皆さまにお届けします。

山梨のワイン 一覧画面はこちら

サドヤ

1917年(大正6年)創業の甲府駅北口からおよそ5分の老舗ワイナリー。 ワイン醸造に適した山梨の風土の中で食事の中にあるワインを造ることを基本に続け、 日本ワインの味わいが楽しむことができる繊細なワインをお届けします。
詳しくみる

岩崎醸造(ホンジョーワイン)

ぶどうとワインの発祥地「勝沼」でぶどう栽培とワイン醸造に努力していた醸造免許者130名が1941年(昭和16年)に共同して設立したワイナリー。 ぶどうとワインづくりの絆に結ばれた、重厚なワインづくりを伝統としています。
詳しくみる

蒼龍葡萄酒

1899年(明治32年)に創業し、110年以上の歴史を持つ近代日本ワイン発祥の地、「勝沼」の中でも伝統あるワイナリーのひとつ。 日本のワイン造りの先駆者である高野正誠と土屋龍憲の両名と繋がりをもつ、山梨県内でも老舗中の老舗ワイナリーとしても有名です。
詳しくみる

マルスワイン

1960年(昭和35年)鹿児島に本社を持つ本坊酒造が、洋酒製造の拠点として山梨県笛吹市石和町に山梨マルスワイナリーを設立。山梨県内の優良甲州葡萄産地を追い求め、砂地で水はけの良い石和地区、乾燥して凝縮感ある白根地区、標高が高く力強い穂坂地区を中心に、それぞれの産地の葡萄をそれにあった醸造方法で特徴あるワインに仕上げています。
詳しくみる

モンデ酒造

1952年(昭和27年)、石和町(笛吹市)にてワイン・支那酒・ウオッカ等の製造販売を開始。 牧丘地域・豊富地域の自社畑でのぶどう栽培から製造・販売まで一貫して行っておりますワインメーカーです。使用ぶどう品種は甲州種・マスカットベリーAを中心に高品質のワインを作り出しているワイナリー。
詳しくみる

ルミエール

1885(明治18年)創業の老舗ワイナリー。 数々の国際コンクールでの受賞歴があり、世界的にも評価が高いワイナリーとして有名。 日本最古のヨーロッパ型横蔵式ワイン醸造 (Winemaking) 専用の地下発酵槽、および半地下貯蔵庫を所有し、伝統の石蔵でのワイン醸造法を復活させていることでも有名です。 また、ワインビネガーやスパークリングワインなど多くのファンに愛飲されています。
詳しくみる

すべての商品

『山梨のワイン』のすべての商品をご覧いただくことができます。
詳しくみる

▲ページ先頭に戻る